• TOP
  • ニュース
  • 株式会社メディロム、米国預託証券の登録のための登録届出書を米国証券取引委員会に提出 〜 上場予定となる市場はNASDAQ Capital Market 〜

NEWS

お知らせ

株式会社メディロム、米国預託証券の登録のための登録届出書を米国証券取引委員会に提出 〜 上場予定となる市場はNASDAQ Capital Market 〜

米国時間2020年11月20日、株式会社メディロム(本社:東京都港区、代表取締役:江口 康二)は、米国預託証券(注1)(以下「ADR」)の登録(上場)に関する登録届出書(Form F-1)を米国証券取引委員会(以下「SEC」)に公開提出(Public Filing)しました。これは2020年9月11日に行った非公開提出(Confidential Filing)に続く一連の申請作業の最終手続となります。募集する ADR の数量及び価格は未定です。預託証券の上場市場は、NASDAQ Capital Marketとなる予定です。ADRの引受けを行う予定の主幹事証券会社はMaxim Group LLC (https://www.maximgrp.com/) となります。また、予定されるADRの募集は、目論見書によってのみ行われます。準備が整い次第、SECのウェブサイト(https://www.sec.gov/edgar/search/)又はMaxim Group LLCのオフィスで、本募集に関する仮目論見書を取得いただくことが出来ます。
 
なお、提出した登録届出書は、本プレスリリースの時点で、まだその効力が発生しておりません。登録届出書の効力発生まで、ADRを販売することはできず、買付けのための募集を行うことはできません。
 
当プレスリリースは、有価証券の売付けのための募集や買付けのための募集の勧誘を構成するものではありません。また、登録前の募集、勧誘又は販売行為が証券法上違法となるいかなる法域においても、有価証券の販売を行うことはできません。募集行為は市況の影響を受けるものであり、当該募集が完了するかどうか、いつ完了するか又は募集の実際の規模や条件について、その内容を保証することはできません。また、本プレスリリースの原文は英語であり、本文は原文に基づき日本語訳を行った参考資料となります。
 
(注1) 米国預託証券とは、「American Depositary Receipts」の邦訳であり、米国国外の企業の株式を米国内で流通させるために、米国国外企業の株式の預託を受けた預託銀行が、その株式を裏付けとして発行する代替証券をいいます。
 
 
◾️株式会社メディロムについて

メディロムは健康管理サービスを目的とした「Re.Ra.Ku」を中心に、全国291店舗(2020年10月末現在)のリラクゼーションスタジオを展開しています。
2015年よりヘルステックビジネスに参入し、オンデマンドトレーニングアプリ「Lav®︎」を利用した「特定保健指導」や体質改善プログラムを実施しております。また2020年にはデバイス事業に参入し、世界初の無充電スマートトラッカー「MOTHER®︎」の開発に成功しました。今後は創業以来蓄積した生活習慣データを基にしたデータ解析事業へも事業領域を広げて参ります。
URL : https://medirom.co.jp/
 
 
◾️株式会社メディロムの概要
社名 :株式会社メディロム(英文名 MEDIROM Healthcare Technologies Inc.)
本社所在地: 東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場16F
代表 : 代表取締役 江口 康二
設立 : 2000年7月
資本金 : 13億300万8,037円(準備金含む)
事業内容 : スタジオ運営事業/フランチャイズ事業/ヘルステック事業/デバイス事業
 
 
◼️お問い合わせ
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社メディロム IR室
E-MAIL:ir@medirom.co.jp

PDF ダウンロード

NEWS一覧